創業以来69年、地元から愛される『よ志だ』の味を自信を持ってお届けします。

清流錦川の地下水で泳ぐ鮎と山女をお届けします清流錦川の地下水で泳ぐ鮎と山女をお届けします

岩国のお土産をご家庭で。
自然で育った子持ち鮎を使った「子持ち鮎甘露煮」
鮎本来の味や芳醇な香りをご堪能いただけます。
新鮮な山女と使った「山女の七つ漬」
シンプルでクセがないので、こだわり抜いた材料と製法でじっくり丁寧に漬け込みました。

岩国のお土産をご家庭で。
自然で育った子持ち鮎を使った「子持ち鮎甘露煮」
鮎本来の味や芳醇な香りをご堪能いただけます。
新鮮な山女と使った「山女の七つ漬」
シンプルでクセがないので、こだわり抜いた材料と製法でじっくり丁寧に漬け込みました。

ラインナップラインナップ

鮎の甘露煮
清流錦川に育まれた特大サイズの子持ち鮎を、
シンプルな調味料で
じっくりと時間をかけて煮込みました。
頭から骨まで食べられます。
卵がぎっしり詰まった鮎をご堪能ください。

山女の七つ漬
新鮮な山女をじっくりと素焼きし、
醤油/酢/日本酒/みりん/砂糖/もみじ/大根おろし
の七つの調味料を独自に配合した秘伝のタレに
しっかり漬け込みました。
ちょっぴりピリ辛な山女を、ご堪能ください。

お知らせ

よしだほんてんは「ニッポンフードシフト」に賛同し、推進パートナーに登録いたしました。

経済誌VISION OKAYAMAに掲載していただきました

「2022 新時代のヒットの予感!!」に掲載されました。

10月10日発行の経済リポートさんに取材記事が掲載されました。

赤磐の「山陽青空市 桃の里店」にて販売中!

大人の雑誌「サライ」さんに掲載されました!サライ9月号【小学館】(8/5発売)

ギフト包装ギフト包装

シンプルな調味料でじっくりと煮込んだ子持ち鮎の甘露煮です。
特大サイズの鮎に、ぎっしり詰まった卵は縁起物。
そのままでもおいしく召し上がれますが、袋のまま火を止めたお湯に30秒入れて温めるとよりおいしく召し上がれます。
丁寧にじっくりと漬け込んでいるので、頭・しっぽ・骨まで食べられます。

シンプルな調味料でじっくりと
煮込んだ子持ち鮎の甘露煮です。
特大サイズの鮎に、
ぎっしり詰まった卵は縁起物。
丁寧にじっくりと漬け込んでいるので、
頭・しっぽ・骨まで食べられます。

山女を素焼きし、七つの調味料でじっくり漬け込みました。
ちょっぴりピリ辛で甘酸っぱい山女。
お酒の肴にはもちろん、ちらし寿司の具材にも。
じっくりと焼き、丁寧に漬け込んでいるので頭からしっぽ、骨まで食べることができます。
山女の綺麗な身の色もぜひご堪能ください。

山女を素焼きし、七つの調味料で
じっくり漬け込みました。
ちょっぴりピリ辛で甘酸っぱい山女。
お酒の肴にはもちろん、
ちらし寿司の具材にも。
じっくりと焼き、漬け込むことで
頭からしっぽ、骨まで余すことなく
お召し上がりいただけます。
山女の綺麗な身の色も
ぜひご堪能ください。

清流錦川の地下水に育まれた鮎と山女

錦川の清流は地下水の影響で硬度が非常に高く、日本酒の仕込み水として古くから使われています。
その透明度の高い清流で育った新鮮な鮎と山女を厳選し、魚本来の味や香りをお楽しみいただけるようじっくり丁寧に調理しています。

清流錦川の地下水に育まれた鮎と山女

錦川の清流は地下水の影響で
硬度が非常に高く、日本酒の仕込み水として古くから使われています。
その透明度の高い清流で育った
新鮮な鮎と山女を厳選し、
魚本来の味や香りを
お楽しみいただけるよう
じっくり丁寧に調理しています。

秘伝のちょっぴりピリ辛のタレ

醤油/酢/日本酒/みりん/砂糖/もみじ/大根おろしの七つの調味料を独自に配合した秘伝のタレです。
創業当時から変わらない哀愁漂う風味をご堪能ください。

独自配合のまごころの味

シンプルな調味料ながら奥深い味わい
独自に配合した秘伝のタレです。
創業当時から変わらない
哀愁漂う風味をご堪能ください。

おいしい食べ方おいしい食べ方

いつもの食事を広げる食べ方をご紹介します。

あたためる


袋を開けてそのままでも
おいしく召し上がっていただけますが
封を切らず沸騰させて
火を止めたお湯につけて30秒温めると
よりおいしくお召し上がりいただけます。
※袋をお湯に入れたまま沸騰させないでください。

ひやす


あえて冷やします。
お召し上がる前に山女の七つ漬を
冷蔵庫で冷やし、封を開けたら
お酒のおつまみに。
山女のさわやかな酸味が冷酒にぴったり。

はさむ


フォカッチャに山女の七つ漬をはさんで。
レッドオニオンとレタス、
薄くスライスしたレモンをサンドすれば
さわやかなちょいピリ山女フォカッチャ
のできあがりです。

まぜる


炊きたてのご飯に鮎の甘露煮を混ぜ込んで、
鮎飯としてご賞味ください。
プチプチとしたたまごの食感と
大葉の香りをお楽しみください。

よしだほんてんよしだほんてん

まごころの味-逸品-

山口県岩国市にある、
昭和27年創業の郷土料理店『よ志だ』
子持ち鮎・山女の加工品を販売しています。
創業者である亡き祖母の意思を引き継ぎ、
老舗の変わらぬ味をお届けしたい。
はちきれんばかりの子持ち鮎の佇まい
山女の綺麗で繊細な身の色に驚いてほしい。

大切な方への贈り物、
おうち飲みのちょっぴり贅沢な肴
今日のご飯にもう逸品・・・

よしだほんてんの歴史

江戸時代、吉田屋源蔵からはじまり曾祖父の
時代には魚屋を、そして祖父母によって現在の
『よ志だ』がつくられました。
「地元の方においしい料理を提供したい」
「錦帯橋に訪れた観光客においしい川魚料理を
食べてもらいたい」という思いから
戦後の混乱期、お皿5枚からはじまりました。

郷土料理よ志だの女将として、65年間お店を
守り続けた祖母。「まごころの味」にこだわり
全国各地のお店を食べ歩きながら独学で
「よ志だの味」を作り上げ、現在その味は
よしだ新館にて受け継がれています。
しかし、年々観光客が減少し、2020年の
新型コロナウィルスにより存続自体が
危ぶまれています。

祖母が人生をかけて守り続けた味を
より多くの方にお届けしたい。
ご家庭の食卓を豊かにして戴きたいという思いで
オンラインショップを立ち上げました。
ぜひこの逸品、
大切な方への贈り物にご利用ください。
販売者

澤田 まさみ  Sawada Masami


山口県岩国市に郷土料理店の孫娘として誕生。
進学を機に岡山県民となる。
現在は専業主婦で2児の母。
祖母の死と新型コロナウィルスの流行をきっかけに、亡き祖母の意思と
『よ志だ本店』、その味と名前を
引き継ぎ『よしだほんてん』として
事業を立ち上げた。

お客さまの声お客様の声

SFさん(岡山県)

昨年のお歳暮に山口の知人からいただいたのですが、とても風味豊かで懐かしい田舎を思い出したものです。 今回はお世話になっている得意様へお贈りしようと思っています。きっとお喜びいただけると信じています。

YWさん(岡山県)

先日、鮎の甘露煮と山女の七つ漬けを頂きました。 山女は優しい酸味で食べやすく、さっぱり頂けましたし鮎の甘露煮はとにかくボリューム感がすごいですね。 卵がたっぷりで甘味もちょうど良くご飯が進みました。 両親がご馳走だね、おいしい!と喜んでパクパク食べていました。

THさん(大阪府)

岩国出身の母がよしだほんてんさんの「鮎の甘露煮」が大好きで、私の幼い頃からこの味に親しんできました。 今では私の子どもたちの大好物になってます。 しっかり煮込んであるので、身と一緒に骨までモグモグと食べてくれます。

お問い合わせお問い合わせ

    Top